経営アドバイス・コーナー
BESTビジネス 3年無償ホームページのご利用はこちらから

畑野洋一郎税理士事務所
TEL:082-815-4151

tax-hatano@nifty.com

適性検査代行 4,000円(税抜)から

関与先さまの採用選考時に「リーズナブルに」ご利用いただける適性検査システムをご紹介いたします。

「応募者の性格や特徴は採用するまでわからない」というリスクを可能な限り回避するため、応募者の「性格・パーソナリティ」「職場での社会性」「意欲ヤル気」等の個人特性を分析し採用判断や採用後の配置の選択に役立てて頂けるシステムです。

採用時のほかに人事評価にもご利用いただけます。

ご利用料金は応募者一人当たり4,000円(税別)のみとなっています。(消費税及び地方消費税については、26年3月31日までは5%、26年4月1日以降は8%を申し受けます。)

個人特性分析 その1

(1)どのような性格・パーソナリティか?

気質・態度・性格など比較的わかりにくい部分の分析をします。
回答者の中心的な特性傾向に着目することにより、個性面をより理解しやすくなります。

(2)基礎的な職場場面での社会性

回答者の職場における社会性を分析します。
職場で人間性をあらわす項目として、組織の中での協働力を中心に10の特性について分析します。

(3)どのようなことに意欲・ヤル気を出すか

回答者の意欲的側面を分析します。
職場での課題達成に向けての原動力や生産性の面だけでなく自己実現に向けてのエネルギーに相当する欲求の側面を測定します。

(4)信頼係数(回答の信用度合を表示)

回答の際に他の思考が働き、意図的に本人の意思に反する回答をした場合のために、設問中に、いくつかの対照問題を入れ、分析結果についての信頼係数(回答の確かさ)を測定します。

個人特性分析 その2

(5)仕事に立ち向かう姿勢

人間の能力は、仕事を進める上で最低限欠かすことのできない基本能力や社会的・精神的熟練度、思考能力等様々な要因から成り立っています。
その要因を棒グラフで表示し「仕事に立ち向かう姿勢」や「組織だって仕事を進める能力」のネックポイントとなる要因を分かり易くし、改善部分や教育の優先順位を示します。

(6)心理要素イメージ(心の顔を表現)

顔の輪郭、眉毛、目の傾き、瞳の大きさ、鼻の高さ、口の形から外見ではなく心の顔を表現します。

(7)分布図(基本的能力、適性の幅)

回答者の配置適性の前提や教育指導ポイントを把握するためのものです。

(8)予想測定値(見所)

回答者の能力を最大限に発揮する職務・仕事のタイプ、可能性を予測します。

(9)自己評価

設問中に自己評価に関する設問があり、将来の昇進昇格、配置転換、教育など処遇面の方向付けをする際に本人の意思を取り入れることで、客観的かつ適切な人事管理の指標として活用します。

(10)判定

この採用判定基準は、総合的特性の平均を重視した判定となります。
専門的技術や知識にかかわらず、順応して活躍できる程度、職務の幅を示します。

(11)面談時のポイント

その人物の性格やヤル気などを判断する上で注意すべき点、面談時に確認して欲しい内容を表示します。

ご利用手順

(1)事前に送付させていただいた設問票と回答用紙を面接日にコピーし、採用予定者に記入していただきます。(回答時間は約20分です。)

(2)記入後、回答用紙を当事務所にFAXで送信してください。併せて、送信した旨の電話をお願いします。

(3)当事務所から、回答結果(個人特性分析シート)を返送し ます。

(4)お届けした「個人特性分析シート」をご確認いただき、採用予定者の個人特性を把握すると共に、面談時のポイントをご参考に面接等を行ってください。

面接時に注意を要する個人特性分析でのパターン事例

1.自己評価が「すべてA」または「すべてB」の場合
採用の場合は採用されたい意識で回答した可能性がある。
あまりにも高い自己評価は、過信していて期待以下の結果の場合がある。
自信過剰、過大評価の可能性もあり、自尊心、顕示欲求の高さをはじめ職歴、経歴などもチェックし慎重に面接。

2.自己評価が「すべてD」または「すべてE」の場合
過小評価は「できる事でもできない」と思い込み、能力以下の結果になる可能性はあるが、自信がなく実力を発揮できない。

3.分析閣下シートの「1.どういう性格・パーソナリティか」で、●と▲が3つ以上ある場合。
気質が極端に振れる可能性がある。慎重な面接が必要。

4.信頼係数25以下
再受験を要する。
しかし、信頼係数が25以下で、モラトリアム傾向(※)が高く(60以上)、かつ勤労意欲も低い(40以下)の場合は、慎重な面談で、よほどの根拠が無い限り採用は差し控えることが無難。
現有社員の分析で、この傾向が出た場合は、悩み事についての速やかなカウンセリングが必要。

※モラトリアム傾向
自我同一性混乱。現状や近い将来への不安や、自分の進むべき道が正しいのか等についての悩みがある。受験や就職時期に多くみられる。
このモラトリアム傾向値が高く、勤労意欲も低下した場合、離職率は非常に高いという結果データがある。
<情報提供先:(株)AGP>

ご利用料金

4,000円(本体価格)お一人分/1回

資料請求も無料です。お気軽にお問い合わせください。